プロフィール

鴎佐和志孝

Author:鴎佐和志孝
1981年生まれ
職業:シナリオライター(見込み)
信条:一度でも同じ舞台に立った者は皆家族

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

どこまでも。
シナリオライター・鴎佐和志孝さんのProduction notes
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで食っていけるなら今すぐなりたい“書く”職業3
ゲームシナリオライター。てか、実際これで食っている人はいるんだけど。


もしかしたら、私が今一番なりたいのはこれかもしれない。

『シナリオ』というものを考えた時、
ゲームの世界で出来ることは非常に幅が広いです。
まずマルチエンディング方式を採ることにより
一本道のストーリーではなく、
様々な結末を用意することが出来ます。

『ライターの好みとしてはバッドエンドの方がいいんだけれど
それだとユーザー(お客さん)が満足しない』
というケースがあった場合、
ハッピーエンドを通常のエンディングにして
バッドエンドを隠しエンディングとして用意することで
ライターとユーザー、両方の満足感を満たすことが出来ます。

それに登場人物が何人いてもいい、
セットや小道具も何でも使える、
舞台はどこでもいい、
など、実写の世界では出来ないことがたくさんあります。

ちなみに、私が今までやったゲームの中で
一番ストーリーが優れていると思ったのが
『タクティクスオウガ』です。
下手な映画よりよっぽど考えさせられるものがあります。
私の中での一番のバイブルと言ってもいいかもしれません。


そう言えば、ここ1年近くゲームをやってない…。
『遊ぶ』ためじゃなく、『勉強』のために久々にやってみようかな。

スポンサーサイト
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://docomademo.blog87.fc2.com/tb.php/80-4539577d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライターについての様々な情報を掲載しております。 シナリオライターになろう!【2007/04/10 10:53】
Twitter

ZARD CLOCK

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。