FC2ブログ
プロフィール

鴎佐和志孝

Author:鴎佐和志孝
1981年生まれ
職業:シナリオライター(見込み)
信条:一度でも同じ舞台に立った者は皆家族

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

どこまでも。
シナリオライター・鴎佐和志孝さんのProduction notes
なんて言うか、うまく言葉に出来ません。泣きそうです…。


今日は“同期”の役者さんが実家に帰ってしまうということで
同期のメンバーだけで送別会。

この方との付き合いは、浅いですが、深くて長いです。
思えば、初めて出会ったのがちょうど3年前。
“ひょんなことで”とも、“運命的な出会い”とも言える出会いかもしれません。
私自身も、会った当初は
この出会いがこんなに長くて大切な出会いになるとは
これっぽっちも思っていませんでした。

なんせ一緒に活動したのは、たったの3ヶ月だったんですから。
それでも私にとっては
“生まれて初めて”入った世界であり
“生まれて初めて”持った同期でした。
当然、その分、思い入れも強いです。

それは、今日集まってくれた他の同期の人たちも同じだと思います。

初めて会った日からの3ヶ月。
一緒に稽古して、一緒に制作して、一緒に舞台に立って…。
あっという間の3ヶ月。
とても楽しかった3ヶ月。
しかしそれが、突然、幕を下ろすことになるなんて…。

入団してわずか3ヶ月で劇団は解散。
原因は上の人たちの喧嘩別れ。
上層部による引き抜き工作。若手の囲い込み。
それまで一緒だった仲間は袂(たもと)を分かつことに。

そんな衝撃的な出来事があっても
私たち同期の心はずっと一緒でした。
たとえ上の人間がつまらない意地の張り合いをしている時でも
私たちはずっと繋がっていました。
何かあった時には連絡を取り合って、互いに悩みを相談しあったりしました。
お互いが出る舞台には可能な限り顔を出し、楽屋に激励に行ったりもしました。

「自分たちが離れ離れになったのは上の人間のせいであって、同期の間では関係ない」

その気持ちが、私たち同期の人間の間に暗黙のうちに浸透していました。

忘れもしない、2004年3月31日の会合。
劇団の解散が正式に決まったこの日。
上に内緒で若手だけが集まって飲んだこの日。
みんなでまた一緒に舞台に立ちたかったのに。
みんなでまた飲みに行って朝まで演劇論を語り合いたかったのに。
みんなでまた一つのものを作りたかったのに。
そんな思いも儚く、この日を境に私たちは別々の道を歩むことになりました。

しかし、お互い別れ別れになっても
私たちはみんな掛け替えのない同期なんだからねと誓い合ったあの日。
たとえ劇団として反目しあう存在でも
私たちは私たち、同期は同期で、上の人間同士のいざこざは抜きにして
仲良くやっていこうねと誓い合ったあの日。
たった3ヶ月だったけどみんなのことは忘れないよと誓い合ったあの日。
だって私たちは同期なんだから、と。

あの日の誓いを
今になっても変わらず守り続けてくれる同期がいることが
私はたまらなく嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にこの人たちと一緒でよかった。

私の周りにこんなに素晴らしい人たちがいることを、
私にはこんなに素晴らしい同期がいることを、
お互いにお互いを思いやれる大切な仲間がいることを、
私は、誇りに思います。
一生の宝物です。
魂焦がして守って行きたい、大切な宝物です。



一度でも舞台で共演した仲間は、皆、家族―

急な呼びかけにも関わらず
今日集まってくれたみんなは
間違いなく“家族”です。

思えば
劇団に入って最初の稽古日。
人見知りして他の人と話せないでいた私に
最初に話しかけてくれたのは
他ならぬあなたでした。

あなたの優しさ、ずっと忘れません。

これでしばらくお別れになってしまいますが
これが後生の別れってわけじゃありません。
それに、また新たに“誓い”ができましたね。

いつか
このメンバーで
もう一度舞台に立つ。
その時は
約束通り
私が脚本を担当させてもらいます。
何年先の話になるかわかりませんが
絶対に
やりましょう。

いつかその日が来るまで
お元気で。
あなたは大切な“家族”なのですから。

スポンサーサイト



■ この記事に対するコメント

v-254v-20おつかれさま。
昨日は行けなくて残念。いこうと思ったら解散メールでショック!!v-40
でもさそこにいることが正解で無いときもあるから笑って見送ってあげようね。
前進するか後退するかは本人次第。
今度会ったときはきっとまた成長してるよ彼も。v-106v-107
【2007/02/22 11:54】 URL | おんたま #- [ + 編集 +]

感動した
やるじゃん!
脚本ってえーhttp://blog87.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12">って思ってたけどなかなか良いこと書くねhttp://blog87.fc2.com/image/icon/i/F8A4.gif" alt="" width="12" height="12">
あたしもみんなと久々に会えて元気もらったhttp://blog87.fc2.com/image/icon/i/F9A2.gif" alt="" width="12" height="12">
人生先は長いし自分にとって幸せが何かの旅をテクテク歩いて行こうじゃないのhttp://blog87.fc2.com/image/icon/i/F8A4.gif" alt="" width="12" height="12">
期待してるぜ!脚本家http://blog87.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12">
【2007/02/22 21:48】 URL | したん #- [ + 編集 +]


いい関係ですね。うらやましいですよ。いつまでもその‘絆‘大切にしてくださいね夕鶴さん。
【2007/02/23 22:04】 URL | 伊流 #- [ + 編集 +]


>おんたま姐さん、したんさん、書き込みありがとうございます。
たった3ヶ月の付き合いでも、いまだにこうして交流を深められる仲って、いいですよねぇ…。
「そこにいることが正解で無いときもあるから」
「自分にとって幸せが何かの旅をテクテク歩いて行こうじゃないの」
いいこと言いますねぇ。どっかで使わせてもらいます(笑)。
次に彼に会った時も笑っていられるように、私たちも頑張っていきましょうね。

>伊流さん、ありがとうございます。
もちろん、あなたとの“絆”も大切にしていきますよ☆
【2007/02/24 13:15】 URL | 夕鶴 #IMIvFegQ [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://docomademo.blog87.fc2.com/tb.php/51-2deea958
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
Twitter

ZARD CLOCK

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード