FC2ブログ
プロフィール

鴎佐和志孝

Author:鴎佐和志孝
1981年生まれ
職業:シナリオライター(見込み)
信条:一度でも同じ舞台に立った者は皆家族

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

どこまでも。
シナリオライター・鴎佐和志孝さんのProduction notes
そっとしておいて欲しいとき
でも黙って見てられない。


人が悩んだり苦しんだりしている時、みなさんはどうしますか?
当然、助けてあげようとするでしょう。
思いやりの精神ですね。
でもこれが、逆にその人を苦しめているとしたらどうでしょう?

電車で席を譲ってあげたら「あたしゃまだそんな歳じゃないわよ」と言われた。

孫のジーパンが穴だらけなので、つぎはぎして縫ってあげたら「ばーちゃん余計なことすんなよ」と言われた。

よかれと思ってやったことでも、案外当事者にとっては迷惑だったりもします。

「ほっといてくれ」と。

その一言を言ってくれる相手なら、そこで問題は解決します。
しかし、言ってくれないとしたら
助ける方はいつまでも助けようとし続け、
その相手はいつまでも苦しみ続けるでしょう。


助けているつもりが、ずっと苦しめているのではないか。


本人はそっとしておいて欲しいのに
でも黙って見てられないから何かしてあげなきゃと思ってしまう。

本人はそれを望んじゃいないのに、
こちらも苦しめることを望んじゃいないのに、
結果的に相手が望まないことを押し付ける形になってしまう。

一番嫌なケースです。

もしかしたら「うっとうしい」のかも。
もしかしたら「自己満足」なのかも。
もしかしたら「これだけあなたのことを思ってますよってアピールしたいだけ」なのかも。
もしかしたら「何もしない方がよかった」のかも。

何もしない思いやりも、あると思います。


でも
それでもやっぱり
黙って見ているだけは出来ないと思います。

スポンサーサイト



■ この記事に対するコメント

空気を読むな、そういう時は。
【2007/02/03 12:04】 URL | アプリコット #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://docomademo.blog87.fc2.com/tb.php/31-78e45fbc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
Twitter

ZARD CLOCK

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード