FC2ブログ
プロフィール

鴎佐和志孝

Author:鴎佐和志孝
1981年生まれ
職業:シナリオライター(見込み)
信条:一度でも同じ舞台に立った者は皆家族

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

どこまでも。
シナリオライター・鴎佐和志孝さんのProduction notes
一夜明けて
神様、もう一部屋だけ。


大概、舞台後はゲーム三昧の日々を送るのが定番になってるんですが
今回は珍しく翌日から動いてます。

チケットバックの計算とかは精算会までに済ませればいいので、
まず早めにやっておきたいこととして
物件探しがあります。

来年からは、我が家がDDだけでなくザ東京マルガンの倉庫にもなるそうなので
さすがに今の部屋だけでは手狭になってきました。
6畳一間にダンボール20個は限界です。
いや、やろうと思えばまだいけそうですが
K.B.S.の山口さんに
「頑張れば舞台の神様がご褒美をくれますよ」
と言われたので、頑張った私は神様に物件をおねだりしてみました。
さすがに山口さんのように自分の劇場を持つまではいきませんが
2部屋の物件くらいはもらえるんじゃないかなーと。
あー、でも今回はそんなに頑張ってないな。
古屋さんと久高さんにインタビューしたぐらいしか働いてないな。

よくよく考えたら大したことはしてないんだけど、
それでも舞台の神様にご褒美をおねだりして不動産屋に行きました。

いやー、探せばあるもんですね。
手頃な家賃で2Kや2DKの物件って意外と多いです。
ただ、普通に“住む”ための物件ならなかなか好条件なものがあるんですが、
・2t車が通れるくらいの広い通りに面していて、尚かつ近くに駐車場がある
・サブロクのパネルが搬入出来るくらい広くて奥行きのある玄関
・玄関から物置部屋までパネルやでかいダンボールの動線が確保出来ること
・搬出入が楽なように1階、最悪でも2階
・意外と大事なタッパ
・もしあれば近所に金物屋とか塗装屋とか、垂木をもらうための材木屋
という、住環境を無視した完全に“舞台のための”部屋となると、そうそう見つかりません。
そりゃそうか。みんな住むために部屋探してるんだもんな(笑)

まー、旗揚げからの3回で色々と収穫はありましたが
3回目でやっと
「普段の生活で使っているものを舞台で使う」
という発想から
「舞台で使うものを普段の生活でも使ってみる」
という発想に変わったのが、一番の収穫でしょうか。

とある舞台監督さんは
6畳の自宅にビッシリ養生を敷いて、工場(タタキ場)として使えるように改造し
とある照明さんは
押し入れや天袋はおろか、食器棚まで全部灯体が占拠し、やっと折り畳みベッドを置けるくらいのスペースで生活し
とある音響さんは
衣食住全てがギリギリで
とある制作さんは
自分の劇団を解散してまで入団したものの、正劇団員になれる当てもなく常に綱渡りな毎日で、
みんなそうやって汗かいてんだから
私もいつまでものんのんとした生活を送っているわけにはいきません。
プロなら倉庫の一つも持っていなければ。


『野球をホントに楽しめるのは、本気で勝とうとする人間だけよ』
とは、「おおきく振りかぶって」の百枝監督の言葉。


“本気”のラインをどこまで持っていけるかな。

スポンサーサイト



■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://docomademo.blog87.fc2.com/tb.php/1146-2eb19d79
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
Twitter

ZARD CLOCK

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード